お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士9年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

すぐ大人びるホウレン草くん!

こんにちは〜。雲の隙間から日差しも届くようになりました。今日はほうれん草くんを紹介しようと思います!

 

パッパカパーン!

f:id:Mt_vegetable:20181212150658j:image

 

f:id:Mt_vegetable:20181212161117j:image

 

可愛いです(´∀`) まだ本葉が出始めたところなので、人間でいうと幼稚園に通い始めたところでしょうか。

 

このプランターの真ん中にいるのがほうれん草くんで、その両脇に先日紹介したコマツナくんがいます。

f:id:Mt_vegetable:20181212150240j:image

 

 

先日は左側だけ間引きしましたが、本日は右側のコマツナくんも間引き完了!f:id:Mt_vegetable:20181212150245j:image

 

ほうれん草くんもそろそろ間引きしないと狭そうになってきましたね〜。さて、実はこのほうれん草くんの育児には、少し手を焼いております。実は大きく育て上げたことがまだないんです…

 

 

えーーと

 

花を咲かすための花芽のついた花茎が伸びてくることを「とう立ち」と言うのですが、コマツナくんやほうれん草くんのような葉菜類の多くは、とう立ちが始まると葉っぱの成長が止まり、葉も固くなって食味が落ちてしまうのです。

 

どうやら、植物には、自分の体を大きくする栄養成長と、子孫を残す生殖成長の、2つの生育段階があるようで、とう立ちは、その生殖成長が始まったということを示すようです。

 

最初の頃は、そんな知識もなくほうれん草くんを育てておりました。

 

するとある日、ちょっと前までぐんぐん成長を続けていたほうれん草くんが急に大人びた感じに見えたのです。これがいわゆる思春期なのかな?なんて最初は軽く考えてました。

 

ところがどうも様子がおかしいのです。見慣れない変な茎が伸びてくるではありませんか。私はびっくりして、ほうれん草くんに問いかけました。

 

「どうしたの?!ほうれん草くん!僕の知ってるほうれん草くんではなくなってしまったようだけど…?」

 

ほうれん草くんは何故か何も答えてくれませんでした。たぶん反抗期です。

 

必死になってググると、ほうれん草は、家の街灯が明る過ぎる場合は日が長いと勘違いしてとう立ちすることがあるとのこと。その時は仕方なく小ぶりですが収穫することにしました。

 

その後、再トライして、今度は毎日夜になるとシートをかぶせて暗くするようにしました。

 

その結果、とう立ちせずに成長を続けていたのですが、あまりにも美味しそうで、大きくなる前に引っこ抜いて食べてしまいました。(って、おい)

 

そして現在、三度目の正直として挑戦中。今度こそ大株で立派なほうれん草くんに育て上げたいと思います。

 

皆さんにも、成長の過程をしっかり報告・連絡しようと思います。それと、読者の方には家庭菜園のベテランの方も多いかと思いますので、困ったら相談させてください。

 

 

 

自分一人で悩まずに、大事なのは

 

報・連・相

 

ですね

 

 

 

ほうれん草だけに

 

 

 

 

 

 

お後がよろしいようで。

 

f:id:Mt_vegetable:20181212160658j:image