お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士によるベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

元気印のアイビーちゃん!

おはよーございます!

 

昨日に引き続き、チルドレンの中の仲良し観葉植物カップル、ワイヤープランツくんとアイビーちゃんのご紹介の続きです!

 

私をイメージしてチルドレンに加わったワイヤープランツくんを昨日ご紹介しましたが、本日は嫁さんをイメージしてチルドレンに加わったアイビーちゃん(ハンギング右側)のご紹介です!

 

f:id:Mt_vegetable:20181215131444j:image

f:id:Mt_vegetable:20181215125211j:image

 

アイビーは、登録されている園芸品種だけでも500種に上ると言われ、葉の形や模様や色などそれぞれに特徴があるようです。

 

私のチルドレンとして招いたアイビーちゃんは、学名をヘデラ・へリックス グレイシャー“Glacier”といいます。グレイシャーは氷河を意味し、白斑入りアイビーの代表格です!

 

f:id:Mt_vegetable:20181215125451j:image

 

この白い斑が美しい…!

f:id:Mt_vegetable:20181215125424j:image

 

ちなみに、英国王立園芸協会が主催する優れた園芸品種に与えられる名誉ある”Award of Garden Merit”を得ている品種だそうです!さすがっ!嫁の化身、天才!

 

f:id:Mt_vegetable:20181215131644j:image

デザイン性が素晴らしいですね。

 

園芸店売り場にはたくさんの種類のアイビーちゃんがいましたが、このグレイシャーという品種が欲しい!と思って一生懸命探したら見つかりました!嫁さんにそっくりで大満足です。

 

そんなアイビーちゃんですが、花言葉には2つの顔があるようです。

 

木や壁にツタを延ばして逞しく成長し、冬でも緑の葉を茂らせるので、枯れることのないイメージから、中世ヨーロッパにて変わらぬ愛情を示すシンボルとして使われていた歴史があるとのこと。そのため、「永遠の愛」「結婚」という花言葉が付けられているそうで、花嫁のブーケや結婚式のフラワーアレンジメントに多く使われる理由にもなっているようです。

 

一方で、木に絡み付いてツタを延ばして離れることのない様子から、アイビーには「死んでも離れない」という少し怖いイメージの花言葉も付けられているそうです。ひぇぇぇ。

 

そういえば最近、嫁さんの身体からたくさんのツタが伸びてきて、私を雁字搦めにしているような気がするのはそのせいでしょうか…?

 

f:id:Mt_vegetable:20181215130954j:image

 

では、良い週末を!

 

 

---- 気象情報--------------

気象庁の週間見解そのまんまですが、皆さん農業に役立てましょう!

 

f:id:Mt_vegetable:20181215181202p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181215181216p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181215181229p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181215181239p:plain

16~17日と20~21日は全国的に天気崩れるようなので水やりタイミングは計画的に!根腐れ注意!本州は今朝を除けば、この後1週間は、平年よりも気温が高く推移するので、霜などの影響は山沿いや郊外に限られるかな。

 

以上!