お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士によるベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

みんな違ってみんないいのよ、スイスチャードくん

こんにちは!風邪などひいていないでしょうか。

 

今は植えていないのですが、皆さんがどうしてもというので、今年の秋に育てていたスイスチャードくんをご紹介しましょう。

 

え?誰も言ってないって?

そんなバカな。 

 

私、スイスチャードという野菜自体、家庭菜園を始めてから初めて知りました。

家庭菜園の魅力のひとつとして、一般のスーパーには出回らない野菜も育てられるというところがあるでしょう。この茎の赤い野菜に興味がわいて育ててみました。

 

スイスチャードはほうれんそうと同じアカザ科の野菜で、暑さ寒さに強く一年中作れることから和名では不断草と呼ばれています。西洋種は茎の部分が赤、オレンジ、黄色などカラフルになり、見た目も楽しい野菜として注目されているのです。カラフルな色は、ポリフェノールの一種でもある天然色素「ベタライン色素」によるものだそうですよ。

 

種が面白い形をしております。

f:id:Mt_vegetable:20181217171541j:image

なんと1つのタネから、複数の芽が出てくるのです!

 

種を植えてから2週間もすれば発芽が揃い、

f:id:Mt_vegetable:20181217171711j:image

 

それから4日後でこんなに成長!

f:id:Mt_vegetable:20181217171648j:image 

 

それからまた4日でモッサリ!

f:id:Mt_vegetable:20181217171700j:image

 

この時は、若採りしてベビーリーフとしてサラダにしていただきました。

 

 

 

そういえば、収穫する前、スイスチャードくんとこんな話をしました。

 

「僕はここにいるみんなと茎の色が違って赤いんだ。それが悩みなんだ。」

 

私はこう答えました。

 

「人間の世界でも、いろんな色の人がいるんだよ。植物の世界も茎の色が違ったっていいじゃない。みんな違っていいんだよ。」

 

「そっかぁ!良かったよ。ありがとう!」

 

 

 

みずみずしい赤い茎が、日差しを受けて輝く

 

今日も命をいただけることに感謝

 

 

みんな違って、みんないい。

 

美味しかったよ、スイスチャードくん。

 

 

 

 

 

そんなことを思った夏の終わりでした。

 

 

おしまい

 

 

P.S.

 

ブログ初日に紹介した、みんなのリーダー、ブロッコリーくんがこんなに大きくなりました!収穫までもう少し!

 

f:id:Mt_vegetable:20181218200210j:image

f:id:Mt_vegetable:20181218200223j:image