お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士9年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

春の訪れを告げるクロッカスくん!

おはよーございます!

昨日はぽかぽか陽気でしたね。

 

さて、私のチルドレン紹介シリーズも、あと、秋植え球根3種と、観葉植物1種を残すのみとなりました。いつもチルドレンを愛してくださりありがとうございます。

 

というわけで、今日からは3日間かけて秋植え球根紹介3連発です!

いずれも冬の終わりから春先(2月~3月ごろ)にかけて花を咲かせることから春を告げる花として名高い花ですよ。予想してみてください〜。

 

まず本日はクロッカス君を紹介したいと思います!

 

どーーーーん!

f:id:Mt_vegetable:20181221132205j:image

 

すでに線状の芽が出てきております!

クロッカスの名前は、ギリシャ語の「krokos(糸)」が語源で、クロッカスの雄しべが長く板状に伸びていることが由来のようです。

 

こちらが購入した球根。

10月22日に植えました!

f:id:Mt_vegetable:20181222064951j:image

 

20日目に可愛らしい芽がこんにちは。

f:id:Mt_vegetable:20181222065428j:image

 

 

さて、クロッカスの花言葉は「青春の喜び」「切望」。

 

ヨーロッパで昔から春の訪れを告げる花として、親しまれていたことが由来のようです。早く春にならないかな〜?という待ち切れない思いが込められているのですね。

 

もう一つの花言葉として、「裏切らないで」「あなたを待っています」「愛の後悔」というちょっとダークなものがあるそうですが、この花言葉は例のごとくギリシャ神話が由来になっているそうです。

 

さっそく見てみましょう。

 

美しい青年のクロッカスは、羊飼いの娘スミラックスと恋に落ちます。しかし、神々は二人の結婚を許しませんでした。絶望したクロッカスは自ら命を絶ってしまったのです。そのことを知ったスミラックスも、後を追って命を断ってしまいました。二人を哀れんだ花の女神フローラは青年をクロッカスの花に、娘をスミラックス(サルトリイバラ)の花に変えたとのこと。

 

 

 

でた!女神フローラ!

花言葉を調べてて、最近よく聞くようになったけども、あなた、ちょっと人を花に変え過ぎではありません?お節介女子か。

 

女神「あら、あなた、嫁さんに怒られてばっかりで可愛そうだわ。お花に変えてあげましょう」

 

 

 

 

逃げろーーーっ

 

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

 

 

ふぅーっ。お天気の時間です。

 

昨日17時発表の気象庁週間予報を見てみましょう。(気象庁見解を独自にグラフ化)

f:id:Mt_vegetable:20181221172729p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181221172737p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181221172747p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181221172756p:plain


うげーーーーーー!クリスマスイブ以降は寒いですな。これまでの暖冬傾向を中和するかのように、大晦日から三が日も再び寒波が来るとのうわさがあります。これは、都心部でも霜を気にしないといけなくなりますよ。低温に弱い子たちは対策を考えましょう!

 

では、本日はこれにて!