お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士9年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

雪解けにきらめく青い星、チオノドクサちゃん!

クリスマス・イブ、皆さんいかがお過ごしですか?

 

さて、本日は春の訪れを告げる秋植え球根第3弾(ラスト)!

雪解けにきらめく青い星、チオノドクサちゃん!をご紹介します。

 

 

テッテレー♪

f:id:Mt_vegetable:20181224080551j:image

 

あれ?

 

そう、10月25日に球根を植えてから、まだ芽が出ていないんです…。

 

f:id:Mt_vegetable:20181223134303j:image

 

大丈夫かな?生きてるかな?お寝坊さんなだけかな?

それともこれから寒くなることを知ってて出てきたくないだけなのかな?

 

芽が出ているところを紹介したかったので、紹介の順番を一番最後の方にしていたのですが、間に合わなかったね~。残念。

掘り返したくなる気持ちを押し殺してじっと待ってみましょう。

 

 

ちなみに、花の学名にもなっている「チオノドクサ(Chionodoxa)」は、ギリシャ語で「雪の輝き」という意味で、雪解けの頃に咲くことから名付けられたそうな。

 

チオノドクサの名は学名の日本語読みだそうです。

チオノドクサの"クサ"って普通に"草"って思っていたけど違うんですね~。

  

 

花言葉は「栄光」「たくましさ」。

雪の残る寒さの中で、雪解けにきらめく青い星のような可憐な花をたくさん咲かせることからきているようです。

 

お寝坊さんのチオノドクサちゃんを、ゆっくり待ちたいと思います!

 

 

さて、尺も余ったことですし、クリスマス・イブということで、心温まるエピソードを一つ。

 

最近、嫁さんが「おなかにいる赤ちゃんがよく動く!」というので、必死に手や耳を当ててみたりするのですが、なかなか感じ取ることができません。

 

この前、おなかに向かって

「おーい!動けーー!」

と、さんざん言いまくったあとに、静かに耳をあてていると…

 

 

ついに! むむっ、と動いたのです。

 

 

「動いたね!今動いたね!」

と尋ねる私に嫁さんの一言。

 

 

 

 

 

嫁「ううん、いまの私のおなら」

 

 

ズコーーーー (o。Д。)o

 

ニゲローーーー ε=ε=ヘ(;*゚∇。)ノ

 

 

いや、まったくひどい話です。

 

 

でもそのあと、ちゃんと本物の胎動を私も感じることができました!

 

受粉して種ができて、発芽して成長していく…。植物も人間も神秘的ですよね。

 

チオノドクサちゃんの発芽もそうですが、我が子の誕生も心待ちにしたいと思います。

 

 

さて、温まったところでお天気の時間です。

 

f:id:Mt_vegetable:20181224003028p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181224003039p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181224003053p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181224003102p:plain

気象庁週間天気予報(http://www.jma.go.jp/jp/week/)を加工して作成

 

うーーー、見ただけで寒くなってきたー!関東以西の都心部でも25日朝と28日以降は霜の可能性がありそうですよ~。屋外にいる低温に弱い子は対策をしましょう~。
 

 

過去2年の東京の月別平均気温の推移も見てみますか。

 

f:id:Mt_vegetable:20181224050150p:plain

今年は1~2月と9月を除いて平年よりも高い状況だったんですね。特に7月の猛暑が光ってますね~。

 

さて、明日はついに、チルドレン紹介シリーズの大トリ!お楽しみに〜!