お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士によるベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

今年を振り返って

こんにちは。

 

晦日ということで私も今年を振り返ってみます。

 

今年一番うれしかったのは、収穫したチルドレンを会社の後輩たちに振舞った時に、「美味しい」と言ってもらえたこと。そのときのミニニンジンさんです⇩

 

f:id:Mt_vegetable:20181230190055j:plain

そうです。このブログのアイコンにしています。

 

今年一番感謝しているのは、(自分にとっては)かなり多くの方に読者になってもらえたこと。皆さまのブログも楽しみにさせていただきます。

 

今年一番怒ったのは、大きくなったブロッコリーくんの葉っぱを青虫に食べられたこと。

 

今年一番悲しかったのは、悪夢の内容を頑張って綴った2000字超えのブログが最もアクセス数が少なかったこと。

 

今年一番怖かったのは、プランターをこっそり増やしたのが嫁さんにバレたこと。

 

今年一番びっくりしたのは、水菜ちゃんはミスジャパンだということ。

 

今年一番感動したのは、収穫したてのブロッコリーくんの断面。

 

今年一番ときめいたのは、何気なく立ち寄った園芸店でのシクラメンちゃんとの初対面。

 

今年一番ゾクゾクしたのは、ミニニンジンを土から引っこ抜く瞬間。

 

今年一番ズビビビビなのは、パンジーちゃんの開花。

 

 

 

 そんな感じでしょうか。

 

 

 

さて、天気に関しても一年を振り返ってみましょう。

 

と思ったら、気象庁さんがまとめてくれていたのでコピペしましょう。

 

2018年(平成30年)の日本の天候の特徴は以下のとおりです。

  • 冬は全国的に低温となり、北陸地方中心に大雪となりました
    冬は、日本付近にはしばしば強い寒気が南下し、冬の平均気温は全国的に低く、特に西日本では平年差-1.2℃と過去32年間で最も低くなりました。日本海側では北陸地方を中心に大雪になり、交通障害が発生しました。
  • 春から夏にかけては東・西日本中心に記録的な高温となりました
    春から夏にかけては、東・西日本中心に記録的な高温となりました。特に夏は多くの地方で梅雨明けがかなり早く、厳しい暑さが続きました。熊谷では7月23日に41.1℃の国内歴代1位の高温を記録しました。東日本では、春の平均気温(平年差+2.0℃)、夏の平均気温(平年差+1.7℃)ともに1946年の統計開始以来最も高く、年平均気温(平年差+1.1℃)も1946年の統計開始以来最も高くなりました。
  • 平成30年7月豪雨」の発生により西日本中心に記録的な大雨となりました
    7月上旬は、本州付近に梅雨前線が停滞し、南から大量の湿った空気が流れ込んだため、西日本中心に数日にわたり記録的な大雨となり、土砂災害や河川の氾濫など甚大な被害が発生しました。

f:id:Mt_vegetable:20181230183942p:plain

出典:気象庁ホームページ「 2018年(平成30年)の日本の天候(速報)」

 

 

ふむふむ。

 

個人的には、10月~12月初めまでの暖冬傾向も気になりましたね。その影響で、スーパーの野菜の値段もグッと下がりました。

f:id:Mt_vegetable:20181231135930p:plain

 

さて、チルドレンをお世話し始めてから、野菜の旬というものに意識が向くようになりました。そして、より季節の移り変わりというものを体感できたような気がします。チルドレンに感謝ですね。

 

皆さま、今年はたいへんお世話になりました。

来年もどうか私のチルドレンをよろしくお願いいたします。

 

 

最後にいつも通りお天気の時間です。

 

f:id:Mt_vegetable:20181231111045p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181231111055p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181231111105p:plain

f:id:Mt_vegetable:20181231111116p:plain

気象庁週間天気予報(http://www.jma.go.jp/jp/week/)を加工して作成

 

うーん、気温は平年並みをうろうろか。七草粥の7日以降はどうなるのでしょうか。

 

f:id:Mt_vegetable:20181231190109p:plain

気象庁確率予測資料(http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/probability/guidance/index_w2.php)を加工して作成


7日以降の週はだんだんと平年値を微妙に上回るようになるのがメインのシナリオのようですが…

 

予測のブレを考慮すると…

f:id:Mt_vegetable:20181231210416p:plain

ご覧の通り、低めに予測がブレると、平年並みの寒さが続く可能性も充分あるわけで…まぁここ最近よりは少し寒さが緩む日が増えるかなって感じですかね。

 

では、皆さまお体に気を付けて。

良いお年を!!