お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士9年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!最近は機械学習(Python)にも興味があります。家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

【天気コラム】前年度の冬と比較してみた

 

こんにちは~。

 

 

テレビでは「寒波が来る!寒さが続く!」と何度も繰り返されておりますが、いったいどのぐらい続くのでしょうか。

 

最新の先2週間の気温予測が気象庁から発表されたので、まずはそれから見ておきましょう。

 

f:id:Mt_vegetable:20190121085427p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121085436p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121085445p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121085454p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121085503p:plain

出典:気象庁「確率予報資料」を加工して作成

 

うーむ、2月初めまでは全国的に平年並みの気温が続く予測となっており、まだグッと暖かくなる傾向は見えておりません。

 

 

ところで、「じゃあ前年度の冬と比較してみるとどうなの?」というのも気になります。前年度の冬の方が寒かったような気はしますよね、なんとなく。

 

では、前年度の7日間平均気温のグラフを、上のグラフに付け足してみます。

 

 

どーん!!

f:id:Mt_vegetable:20190121101224p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121101234p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121101244p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121101254p:plain

f:id:Mt_vegetable:20190121101302p:plain

 

どうですか?!思った以上に前年度の冬が寒かったんだなと分かってもらえるかと思います。(札幌の1月に関しては前年度の方が暖かかったようですね)

 

マップでも見ておきましょう。

f:id:Mt_vegetable:20190121101511p:plain

出典:気象庁「日本の季節の天候」

 

前年度の冬は、日本付近に強い寒気が流れ込むことが多かったため全国的に寒冬となり、特に西日本は気温平年差が-1.2℃で、-2.1℃を記録した1985/86年の冬以降の32年間で最も寒い冬となったのです。

 

32歳未満の西日本在住の皆さま、昨年の寒さは初体験だったようですよ。

 

 

ついでに、地域平均での今年度と前年度の気温平年差を確認してみましょう。

 

こちらが今年度。

f:id:Mt_vegetable:20190121101616g:plain

出典:気象庁「日本の季節の天候」

 

 

そしてこちらが、前年度の冬です。

f:id:Mt_vegetable:20190121101627p:plain

出典:気象庁「日本の季節の天候」

 

 

どうですか?

前年度のブルーの多さが、今年度と比較するとより際立って見えますね。。。

 

これから1週間は平年並みの寒さが続く予測が出ていますが、前年度を経験している我々からすると、大したことないような気もしてきませんか?笑

 

とはいえ、あくまで前年度と比較しての話です。

 

やっぱり冬なので、寒いです笑

お天気めがねが暖かいって言ってたぞーとか言って、裸で外にでて風邪をひいてしまっても責任は持てませんのでご注意ください~。

 

 

今回のコラムは以上です~。