お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士10年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

寄せ植え鉢のメンテナンス 〜切り戻しに挑戦〜

 

初めて挑戦した寄せ植えから早いもので1ヶ月以上が経過しました。

こちらが寄せ植え鉢をつくった当時の写真です。

f:id:Mt_vegetable:20200114221357j:image

寄せ植えって、植え付けた時が完成ではないんですよね。 そこから植物たちがそれぞれ成長を続け、なじみあって姿を変えていく。いわば生きる芸術ですね。

 

そんな私の初挑戦の寄せ植え鉢の現在はこちら! 

ででーーん。

f:id:Mt_vegetable:20200114202341j:image

全体的にボリュームアップしました!特に、シルバーレースがものすごい成長を遂げて、後ろにいるエリカが不機嫌になっています。

 

斜めから見るとこんな感じ。

【Before】

f:id:Mt_vegetable:20191205104315j:image

【After】
f:id:Mt_vegetable:20200114202338j:image

ビオラの花数もだいぶ増えましたね!超かわいい。

いや、それにしてもシルバーレースが生い茂り過ぎだ。
f:id:Mt_vegetable:20200114202223j:image

 

エリカ「ちょっとー!私、隠れちゃってるじゃない!(プンプン)」
f:id:Mt_vegetable:20200114202250j:image

 

これはエリカが不機嫌になってもしょうがないですね。このように、寄せ植え鉢は生きる芸術なので、成長に応じて、鉢全体のバランスを都度整えていってあげる必要があります。
f:id:Mt_vegetable:20200114202219j:image

というわけで、「切り戻し」をしてあげましょう。切り戻しとは伸びすぎた枝や茎を切り取る作業のことを指します。

切り戻しをすることで、伸びすぎて姿が乱れた株などの仕立て直しができます。野菜やお花で行う切り戻しも、実をたくさんつけたり再び元気な花を咲かせたりするために欠かせない作業の1つなのです。

 

これをさし穂として育てる場合には、こんなふうに切り口を斜めにカットしてあげると、給水する面積が増えるので成功率があがりますよ。
f:id:Mt_vegetable:20200114202253j:image

 

左側のシルバーレースだけ、切り戻しが完了しました!いい感じではないでしょうか!

f:id:Mt_vegetable:20200114202237j:image

 

右側のシルバーレースも切り戻ししていきます。

f:id:Mt_vegetable:20200114202318j:image

 

できた!!!

f:id:Mt_vegetable:20200114202345j:image

あれ?ちょっと右側のシルバーレースは切りすぎたかな?笑 前髪と一緒で、切りすぎてしまうものなんでしょうか。

 

でもでも、切り戻しの効果は絶大で、エリカは存在感がアップしましたね!

f:id:Mt_vegetable:20200114202230j:image

全体的なバランスもかなりよくなったかと思います!

 

よく見えるようになったエリカ。よく見ると、購入当時はあまり咲いていなかったのですが、現在、満開になっています。
f:id:Mt_vegetable:20200114202213j:image

近寄ってみると、小さな可愛いお花がビッシリです!!
f:id:Mt_vegetable:20200114202232j:image

 

購入当時はこんなんでしたもんね。満開の姿を見れて感無量です。

f:id:Mt_vegetable:20191120144845j:image

 

そして、ビオラも本当に可愛いお花をたくさんつけてくれました!!
f:id:Mt_vegetable:20200114202357j:image

紫を基調とした同系色をあわせたのが、いい感じに馴染んでいますね〜。このビオラは、みんなタネから育てましたので、愛着が湧きます。

 

そして、大好きなガーデンシクラメンも、元気いっぱい。
f:id:Mt_vegetable:20200114202325j:image

ガーデンシクラメンとエリカが見事な雰囲気を醸し出しています。右奥の黄色のビオラがちょっとしたアクセントになってて良き。


上から見るとこんな感じになりました。
f:id:Mt_vegetable:20200114202216j:image

そして、ワイヤープランツくんとアイビーちゃんも自然な鉢の演出には欠かせない存在ですよね。

 

さて、切り取ったシルバーレースですが、せっかくなのでさし穂にしたいと思います。
f:id:Mt_vegetable:20200114202242j:image

水に浸かってしまうので、下の方の葉っぱはカットしてしまいましょう。
f:id:Mt_vegetable:20200114202348j:image

 

それらを水につけて、しっかり給水させます。元気な穂であれば、しばらくしたら発根しますので、発根したら土に植えます。根づけば、増殖成功です。
f:id:Mt_vegetable:20200114202239j:image

以上、寄せ植え鉢のメンテナンスでした!

f:id:Mt_vegetable:20200114202350j:image 


 2種類の人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑↑↑2つの画像をそれぞれクリックして、応援してもらえると嬉しいです(´▽`)(クリックするとINポイントが加算され、現在の週間ランキングが表示されます) 


はてブのコメントのお返事コーナー★

ikukyuchu ウチのほうれん草もやられました。アブラナだけかと思ってたのに(T_T) おまけにソラマメまで狙われた形跡が… 不思議な事に高菜には見向きもしない。老化苗には虫が付かないって言うけど、鳥もなの?

そうなんですね( T_T) お互いにひどい目に会いましたね…。そら豆もですか…。鳥たちがどういう思考で餌の選別をしているのか、気になりますね・・・。

はてなブックマークしていただいた皆さまありがとうございました! 


Twitterもやってます(^_^) お気軽にフォローどうぞ。