お天気めがねの家庭菜園日記

気象予報士10年目。2019年春からは新米パパ。ベランダ家庭菜園日記です。日々成長する可愛いチルドレンの日常と最新のお天気情報をお届けします!家庭菜園は2018年夏から始めたばかりの初心者ですがよろしくお願いします!(ブログ開始日:2018/12/3)

【天気コラム】2020年の夏は猛暑?!(2020/2/25)

 

 記録的暖冬、真っ最中の日本。春の足音が少しずつ聞こえてきましたが、このまま夏も猛暑となってしまうのでしょうか?

 いつものように、これまでの経過を振り返りつつ、最新の気象庁発表情報をもとに、今後の天気の傾向に迫りましょう。お天気コラムスタートです(・ω・)/

 

目次

 

過去数か月の天気傾向

まずはエリアごとに、12月からの気温の動向をみておきましょう。

f:id:Mt_vegetable:20200225213442g:plain

出典:気象庁「前3か月間の気温経過」

全国的に高温傾向が顕著ですね。 12月上旬と2月上旬にちょっとした単発の寒波があった他は、平年値を大きく上回った日が多かったですね。

前年度の同時期の平年差はこちら。前年度も暖冬でしたが、平年差の値を比べてもらえると一目瞭然。今年度の暖かさには及びません。

f:id:Mt_vegetable:20200225213500p:plain

出典:気象庁「前3か月間の気温経過」

 

では、各主要地点を詳細に振り返ってみましょう。過去3か月の気温と日照時間の推移です。

f:id:Mt_vegetable:20200225213522p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225213531p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225213540p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225213549p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225213559p:plain

特に西〜東日本の主要地点では、平年よりもかなり高く経過していることがわかります。

 

では、マップで全国的に確認してみましょう。 

ここ3ヶ月間の平均気温の平年差をみると、西〜東日本を中心として全国的に平年よりもかなり高温だったことがわかります。

f:id:Mt_vegetable:20200225213653p:plain

出典:気象庁「天候の状況」

まず間違いなく、観測史上最高の暖冬となりそうですね。なお、1月に関しては、観測史上最高を記録しています。

f:id:Mt_vegetable:20200225220733p:plain

細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均値、直線(赤):長期変化傾向。
基準値は1981〜2010年の30年平均値。

さて、同じく過去3ヶ月間の降水量の平年比を見てみると、冬型の気圧配置が続かなかったため、日本海側では平年よりも降水量が少なく、太平洋側を中心に平年よりも多い結果となっています。

f:id:Mt_vegetable:20200225213856p:plain

出典:気象庁「天候の状況」

今シーズンの累積降雪量の平年比をみると、全国的に雪が少ないことが一目瞭然です。春以降は雪解け水が少なくなり、水不足も懸念されます。

f:id:Mt_vegetable:20200225213830p:plain

 出典:気象庁「天候の状況」

 

この先1週間の予報

では、気になる今後はどうなるでしょうか。

いつも通り、気象庁の週間予報からチェックしてみましょう。

f:id:Mt_vegetable:20200225214644p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225214653p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225214703p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225214711p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225214721p:plain

気象庁「週間天気予報」を加工して作成

天気は周期変化です。気温はまさに三寒四温といった感じ。徐々に春に向けて季節が動き始めているようです。

 

東京の2週間気温予報をみると、その28−29日頃の寒気が抜けた後は、再び平年よりも高めの気温で推移する予測となっています。

f:id:Mt_vegetable:20200225214113p:plain

出典:気象庁「2週間気温予報」

 

この先1か月の予報

 

では、さらにこの先1ヶ月までの予測を確認していきましょう。

2020年2月20日気象庁発表の1か月予報です。

f:id:Mt_vegetable:20200225215410p:plain

出典:気象庁「季節予報」

全国的に高温傾向が続く見込みです。気象庁発表の確率予報資料によると、関東甲信地方の2/22~3/20の1ヶ月平均気温は、平年より2.5℃高くなる計算。

f:id:Mt_vegetable:20200221151402p:plain

単純に平年値に2.5℃を足すと、3/13〜4/3頃の気温に該当します。つまり、平年よりも2〜3週間ほど季節の歩みが早いことになりますね。

※ちなみに他のエリアは以下の通り
北海道+1.5℃、東北+2.2℃、北陸+2.4℃、東海+2.3℃、近畿+2.3℃、中国+2.4℃、四国+2.3℃、九州北部+2.4℃、九州南部+1.9℃、奄美+1.2℃、沖縄+1.2℃

桜の開花も記録的に早まるかもしれません。

 

ちなみに、この先1か月の降水量・日照時間は以下の通りの予報が出ております。

f:id:Mt_vegetable:20200225215907p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225215915p:plain

出典:気象庁「季節予報」 

高気圧に覆われやすく、気圧の谷や湿った空気の影響を受けにくいため、全国的に降水量は平年よりも少なめ、日照時間は平年よりも多めになりそうです。育苗にはもってこいの気象条件です!

 

3か月先までの予報

さて、さらにその後の傾向はどのように予想されているのでしょうか。

2020年2月25日気象庁発表の3か月予報をみましょう。 

f:id:Mt_vegetable:20200225221849p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225221858p:plain

出典:気象庁「3か月予報」

偏西風が平年よりも北へ蛇行する見込みです。そのため、5月にかけても全国的に平年より高めか並みの気温で推移すると考えられます。

 

同じく降水についても見ておきましょう。

f:id:Mt_vegetable:20200225222011p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225222019p:plain

出典:気象庁「3か月予報」

降水量に関しては、全国的に平年並みの状況が続くと見られています。

 

 

今年の夏の予報

 

さて、オリンピックが行われる今年の夏の天候はどうなるのでしょうか?2020年2月25日気象庁発表の暖候期予報をみましょう。 

f:id:Mt_vegetable:20200225222733p:plain

出典:気象庁「暖候期予報」

夏の気温は、平年より高めか並みとなる見込みです。オリンピック期間中も、これまで通りの猛暑を覚悟しなければならなさそうですね。

 

なお、太平洋高気圧の勢力は、夏の前半(梅雨時期)は日本の南で西への張り出しが強いようです。夏の後半は本州付近への張り出しが強く、チベット高気圧の日本付近への張り出しもやや強まると見られます。

つまり、梅雨明け後に、一気に平年以上の暑さがやってくると考えておくべきでしょう。

また、フィリピン周辺の海水温は梅雨明け後に高くなりそうなので、台風の発生は梅雨明け後にラッシュがあるかもしれませんね。

梅雨明け後に本州に張り出す太平洋高気圧が強くなるということは、東シナ海や九州から、日本海へ抜けるコースの台風が多くなるのかもしれませんね。

 

続いて、降水量も確認しておきましょう。

f:id:Mt_vegetable:20200225222746p:plain

f:id:Mt_vegetable:20200225222800p:plain

出典:気象庁「暖候期予報」

夏の前半(特に梅雨時期)は、太平洋高気圧が日本の南で西に張り出すため、日本付近には暖かく湿った空気が流れ込みやすくなると考えられます。そのため、梅雨時期は西〜東日本を中心に平年よりも多めか並みとなる見込みのようです。

最近は豪雨による災害が頻発・激甚化しておりますが、今年も引き続き注意が必要になりそうです。

 

そして、梅雨明け後(夏の後半)は、平年よりも太平洋高気圧が本州付近に張り出す見込みですので、晴れる日が多くなると考えられます。したがって、梅雨時期も含めた夏の期間トータルでみれば、ほぼ平年並みの降水量に落ち着くと考えられています。

 

まとめ

 今年の冬は西〜東日本を中心に平年よりもかなり高い気温で推移してます観測史上最高の冬に王手です。なお、引き続き、偏西風は平年よりも北を流れる見込みですので、春にかけても平年よりも暖かい日が多くなるとみられています。また、高気圧に覆われる日が多くなりそうですので、平年よりも降水量はやや少なめで、日照時間はやや多くなるようです。

 そして、オリンピックの行われる今年の夏は太平洋高気圧やチベット高気圧の勢力が強くなる見込みですので、平年よりも暑い夏となる可能性がやや高めのようです。熱中症の対策は必須となりそうですね。

梅雨明け後にはフィリピン付近で台風が発生しやすくなると考えられていますので、梅雨明け後では台風の発生ラッシュがあるかもしれません。

 なお、梅雨時期には、日本の南で太平洋高気圧が西へ張り出すため、日本付近に暖かく湿った空気が流れ込みやすくなる見込みです。したがって、梅雨時期の降水量は西から東日本で平年よりも多くなる可能性がやや高く、大雨による災害の発生には今年も要注意となりそうです

 

以上、お天気コラムでした!


2種類の人気ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑↑↑2つの画像をそれぞれクリックして、チルドレンを応援してもらえると嬉しいです(´▽`)(クリックするとINポイントが加算され、現在の週間ランキングが表示されます) 


はてブのコメントのお返事コーナー★

sannigo ひとつひとつの新芽さんへの愛が伝わってきます😄生長が楽しみですね。

ありがとうございます!なんでも赤ちゃんは可愛いものですね。

ikukyuchu プランターでジャガイモを作った事がないので、ちょっと楽しみにしています。

私も初挑戦なので、収穫できるか不安ですが頑張ります!

はてなブックマークしていただいた皆さまありがとうございました! 


Twitterもやってます(^_^) お気軽にフォローどうぞ。